月別アーカイブ 5月 2017

著者:かべ

”HTC U11”と同シリーズの先行機、”HTC U Ultra”を確認 〜外観編〜 今まで撮影した写真を振り返る

前回はアクセサリー編でした。

今回は購入してから撮った写真をざっと載せていきます。

フォトレビュー感覚で見てもらえればと思います。

U Ultraの写真

背面

背面下

U11のサファイア・ブルーとほぼ同じ配色・構成に見えますが、U Ultraは本体下にある端子部分のアルミが少し出っ張っています。

フロントデザイン

外で光に当てると水色に見えます。鏡のように光は反射しますね。

天井の暗い場所では黒く輝きます。

HTC 10とU Ultra

HTC 10とU Ultraのラブラブツーショット。

 

屋内だと結構手垢が目立ってしまいます。これはU11でも同じかもしれませんね。

 

U UltraとU Sonic(付属イヤホン)

音質に関しては、付属レベルではあるもののフラットで聴きやすい印象です。

HTC 10の付属イヤホンは低域が強すぎたように感じたのでこちらの方が好みでした。

HTL23,U Ultra,HTC 10

手持ちのHTC端末を並べてUの文字を作ってみたりもしました。

S6 edge,HTC 10,U Ultra,Moto X Play

左2機種は5.2インチ、1番右は5.5インチですが、やはりU Ultraの筐体は大きいですね。

桜とU Ultraで写真を撮ってみたりもしました。筐体に桜の花が映っています。

私だけかもしれませんが、U Ultraの写真を見るとすごく惚れ惚れしてしまいます。ガラスの反射などもかなり工夫されており、様々な色の姿が見られるのでとても楽しいです。

U Ultraで撮影した写真

開運橋付近(盛岡)

豚丼

上野公園

 

ヨドバシカメラ(秋葉原)

HTC 10までの機種とは違い、カメラのピントは結構合わせ易くなっている印象は受けました。

また、暗い場所でもHTC 10同様にかなり明るい写真が撮れます。

しかし外などで明るい時に撮影すると全体的に少しだけ赤茶色っぽくなるのが気になります。

U11のカメラ評価はかなり良いみたいですが、U Ultraにももう少し頑張って欲しかったですね。

最後に

U Ultraを撮影した写真・U Ultraで撮影した写真を振り返ってみました。

HTCの新しいデザインもとても魅力に感じます。U11も欲しい気持ちでいますが、現在は検討中です。

U Ultraも今はそこそこ安くなっているようなので、新デザインを楽しめるという意味では良い候補になりそうです。

写真枚数の関係上、かなり内容の薄い記事2連投となってしまいました。アクセサリー編とひとまとめの記事として見ていただければと思います。

“HTC U11 “と同シリーズの先行機”HTC U Ultra”を確認 〜純正アクセサリー編〜

このページを共有:
著者:かべ

“HTC U11 “と同シリーズの先行機”HTC U Ultra”を確認 〜純正アクセサリー編〜

@htcsokuさんから台湾現地で販売されている、U Ultraの純正アクセサリーを代わりに購入していただきました。

どちらもなかなか現地でないと入手できないものなので非常に助かります。HTC速報さんありがとうございました。

今回は入手したイヤホンジャックアダプター・純正ケースのレビューです。

日本でも登場予定の「HTC U11」にも共通する点は少なくないと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

純正アクセサリー

イヤホンアダプター

Type-C 3.5mmイヤホンジャックアダプター

U Ultraにはイヤホンジャックアダプターが同封されておらず、こちらの純正アクセサリーを購入する必要があります。

U11もU Ultra同様にイヤホンジャックが搭載されていません。しかしU11ではこちらのケーブル(約3000円)が同封されているようです。

最初に純正イヤホンコネクタを装着するとこのように、ソフトウェアの更新がU Ultra本体で行われました。面白かったです。

サードパーティー品は使えませんでした。写真のような表示になります。現状U Ultra・U11対応のものが出ているかもしれませんが、注意が必要です。

W80装着

W80で聴いてみましたが、うーんスッカスカな音でしたね。スマホとはいえど、もう少しいい音を出して欲しかったです。

手帳ケース

パッケージ

HTCはUシリーズ以降、Dot View ・Ice Viewケースのように、ディスプレイと連動するようなケースを出していません。

その代わりにクリアケースが同封されていたり、このような通常の手帳型ケースが純正品として販売されているようですね。

ケース装着

上部はセカンドスクリーンが見えるように工夫されています。持つだけで写真のように時間・日にちが表示されたり、通知が来たときにも開かずに確認できるので非常に便利です。

また、右下にはHTCロゴが付いており純正ケースらしさがあります。

個人的には、この”紺色暗めのケースに金のロゴが入っているデザイン”はとても上品に感じます。

開いた画面

開くとマグネットに反応して画面が点灯。

まあ画面点灯せずとも、結局は指紋認証ボタンですぐロック解除は出来ちゃうのであまり意味ないように感じますが、閉じるだけで画面オフに出来る点では便利に思えます。

HTC 10とU Ultra

HTC 10と見比べて分かる通り、手帳ケースをつけるとますます大きいですね。私はこの大きい感じ、嫌いじゃないですが。

ケース裏側

背面にはちゃんとマイク用の穴がついていました。まあ付いてないと動画取った時に音声がおかしくなってしまうのですが。

U11も同様にマイクが背面にも付いているので、今後売られるサードパーティーのケースでもしっかり穴を付けて欲しいですね。

今回の記事は以上になります。

”HTC U11”と同シリーズの先行機、”HTC U Ultra”を確認 〜外観編〜 今まで撮影した写真を振り返る

このページを共有:
著者:かべ

新ブログ「ポタガジェ」設立のお知らせ

こんにちはかべです。

私は以前からSeesaaブログで「カヴブログ」というブログを運営しており、オーディオ・スマートフォンを主体としたコンテンツの記事を投稿しておりました。しかし今後は旧ブログ「カヴブログ」の更新を休止して、新ブログ「ポタガジェ」を運営致します。

前よりも多くの方に見ていただくために、ブログ内容の充実化を目指し当ブログを設立しました。新ブログ設立にあたって様々な新しいことにも挑戦する予定です。

名称・デザインは大きく変更しましたが、引き続き「オーディオ」「ガジェット」この2つをメインに記事を書きます。

過去記事は旧ブログに残していますのでそちらで見ていただく形になりますが、ブログリンクは当ブログのホームページにも載せています。

いままでご覧頂いていた皆様、ぜひこちらの「ポタガジェ」も宜しくお願いします。

このページを共有: