著者アーカイブ numacchi

著者:numacchi

小さくても走りは本格派!京商ミニッツレーサーRWD/FWDシリーズ

私の趣味の1つに、ラジコンがあります。

10年ほど前に友人とタミヤの1/10スケールのラジコンカーでドリフト走行などをやっていたものです。

ただしラジコン本体のサイズが大きく、バイクに乗るようになってからは持ち運びの不便さもあって、手放してしまいました。

ですが、小さくても本格的な走りができるラジコンがあるのです。

それが京商のミニッツレーサーシリーズです。

今回はその最新エントリーモデル、RWD/FWDシリーズをご紹介します。

 

ミニッツRWDシリーズ

ミニッツRWDシリーズは、旧エントリーモデルのミニッツスポーツシリーズをさらに進化させたもので、MR-03シャーシというリヤモーター・リヤ駆動のシャーシをベースとしています。

 

私の所有するミニッツRWDのシャーシです。多少メーカー純正カスタムパーツが付いています。

特徴としては、素直なハンドリングが売りで、載せられるボディが多いのが魅力でしょうか。

ミニッツFWDシリーズ

こちらがミニッツFWDのシャーシです。モーターが前の方にあり、前輪を駆動して走ります。

赤い紐のようなものは電池を外しやすくするために後付けしたものです。

特徴はやはり新設計の前輪駆動という部分。ちょっとクセのあるハンドリングですが、それがまた味でもあります。

ボディは現行のマツダ・デミオとトヨタ・プリウスPHVがラインナップされています。やはり前輪駆動車は同じ駆動方式のボディを載せたくなりますね。

RWD/FWDともに単4電池4本が必要となります。

 

送信機(プロポ)

左が旧型のKT-19送信機で、右が新型のKT-531P送信機です。どちらも単4電池4本が必要です。

ミニッツRWD/FWDレディセットにはKT-531Pが付属します。

新型は旧型より重量が軽く持ちやすくなった感じがします。なお電波の方式が違うため、旧型のミニッツスポーツとの互換性はありません。

カスタムパーツ類

カスタムパーツは京商純正品から社外品まで豊富に揃っていて、走行性能アップやドレスアップが楽しめます。

個人的に一押しのカスタムパーツは「ジャイロユニットセット」です。

この小さな電子基板を装着すると、走行中の車体の横滑りを細かく感知して自動で修正舵を当ててくれるというスグレモノです。

付ける前と後では、走行中の安定性がガラリと変わります。

車体側についているボリュームで効きの強さを変えることもできるので、好みのハンドリングにすることができます。

特にFWDには効果が大きく、スピンしやすい特性を大きく改善することが可能です。

ただ、タイヤなどの消耗品、カスタムパーツ、交換用ボディに関しては、なかなかミニッツ用パーツを売っている店舗が少なく、かなり大きな専門店でないと取り扱っていないのが現状で、通販で取り寄せることになってしまうことが多いのが難点でしょうか。

まとめ

大きなラジコンの場合、バッテリーが専用品で値段も高く、維持が大変でした。

ですがミニッツの場合、エネループのような充電池で十分走ることが出来ます。ランニングコストが安く済むのは良い点ですね。モーターもミニ四駆などでおなじみの130モーターなので燃費も良いです。

欠点としては、構造上アスファルトなどの路面では走らせられない点でしょうか。カーペット敷きのインドアサーキット向けですね。

走行中の動画はこんな感じです。ノーマルでもかなりのスピードが出ますよ。

ご協力頂いたお店のご紹介

今回の記事の作成にあたり、撮影のご協力をしていただいたお店をご紹介いたします。

ラジコンカー練習場「元気っ子さん」

ホームページ http://genkikkosan.com/

住所:〒221-0841    
   神奈川県横浜市神奈川区松本町5-38-1
ボンジョルノ三ッ沢2F

電話/FAX: 045-294-8154

■横浜市営地下鉄ブルーライン

「三ッ沢下町」駅(1番出口)より徒歩2分
■東急東横線/みなとみらい線
「反町」駅より徒歩8分

豊富なラジコン知識でお客様をサポートしてくれる「おかべ店長」です。優しい人柄でキッズにも大人気。

 

店内の様子です。コースのレイアウトは、混んでいなければ店長にお伝えすれば変更することもできます。

さらに店内外周をミニ四駆サーキットが囲んでいて、ミニ四駆を走らせにいらっしゃるお客様も多いです。

速い方はこのコース3周を13秒台で走らせます!中にはとても速いキッズもいて驚きです!

レジ下のショーケースの様子。お客様が製作したラジコンやミニ四駆などが飾られています。

中にはこんな貴重なミニ四駆も!シャーシだけで一台5000円もした限定モデル、スーパーXXシャーシエボⅠと、VSシャーシエボⅠです。

 

さらに、元気っ子さんは「ラジコンカー練習場」なので、ラジコンのメーカー問わず、どんなラジコンでも走らせることが可能です。

量販店や玩具屋で売っているようなトイラジでもOKです。

あとラジコンを持っていなくても大丈夫!レンタルラジコンもあるので気軽にラジコンデビューできますよ。

「ラジコンサーキットって敷居が高そう・・・・」と思っている方に是非オススメしたいお店です。

このページを共有:
著者:numacchi

シンプルだけどバイクの基本がしっかり詰まっている・・・。バイク初心者から玄人まで幅広くカバーするホンダAPE/XRモタード 50/100

昨年、私は原付バイクを乗り換え、「ホンダXR100モタード(2007年式)」を購入しました。

このバイク、外装品や細かい装備品などは違いますが、基本となるフレームやエンジンは「APE(エイプ)100」と同じものです。

エイプ100 出典 https://www.honda.co.jp/news/2008/2081104-ape.html

実際に1年乗ってみて、実に親しみやすく、かつ奥の深いバイクだと感じました。

そんなAPE/XRモタードのレビューをしてみたいと思います。

APE/XRモタードのバリエーション

これらのバイクには排気量が二種類ラインナップされており、原付免許か、普通自動車の免許を持っていれば乗ることができる50cc(白いナンバープレート)と、普通自動二輪免許「小型限定(125ccまで可)」か、普通自動二輪免許(400ccまで可)の免許を持っていれば乗ることができる100cc(ピンク色のナンバープレート)の二種類があります。

なお、100ccの場合2人乗りができるようにフレームにタンデムステップが追加されています。

さらにAPEには前後ドラムブレーキの通常バージョンと、XRモタードと同じホイール、前後ディスクブレーキを採用したタイプDというグレードがあります。

エイプ50 出典 https://www.honda.co.jp/news/2008/2080905-ape.html

エイプ50・タイプD 出典 https://www.honda.co.jp/news/2008/2080905-ape.html

XRモタードは50/100ともに前後ディスクブレーキです。

XR100モタード 出典 https://www.honda.co.jp/news/2006/2061215-xr50-motard.html

さらに突き詰めていくと、APEには燃料供給装置が排ガス規制が厳しくなる前のキャブレター仕様と、PGM-FI(電子制御燃料噴射)仕様があります。

XR50/100モタードはキャブレター仕様のみです。

原付だけどマニュアルで走る楽しさを満喫できる

原付と聞くとオートマチックのスクーターをイメージする方が多いと思いますが、APE/XRモタードはしっかりと「バイク」として成り立っていると思います。

クラッチを自分で操作し、5速のギヤを駆使して走るのはまさにバイクそのもの。軽く小回りが利くので街乗りにも便利です。峠道でもエンジンを元気よく回して走らせてあげれば非常に楽しく乗ることが出来ます。

大きな排気量のバイクで走るのも楽しいですが、公道ではそのパワーを持て余すことが多々あります。小排気量車の限られたパワーを目一杯公道で味わうのもまた楽しいものです。原付ならではの税金類の安さや、抜群の燃費の良さも魅力ですね。

構造がシンプルなので丈夫

エンジンは冷却水を使わない空冷、さらに単気筒なので構造がシンプルです。オイル交換のサイクルを守っていれば長く乗れる非常に頑丈なエンジンです。

車体の日常メンテナンスも非常にしやすいので、自分で簡単な整備をするのも一興ではないでしょうか。

カスタムベース車として格好の素材

両車ともに様々なアフターパーツメーカーから凄まじい数のカスタムパーツが発売されており、自分好みに仕上げる楽しみもあります。

カスタムパーツの組み合わせ次第によっては、まるで別物のバイクのようにすることも不可能ではありません。

私もハンドルバーやミラーといった外装部品から、エンジン周りのパワーに直結してくる部品などあちこちをカスタムしています。

純正よりもワイドなハンドルバー。

折りたたみ可能なオフロード車向けミラー。

靴の傷みを防止するシフトペダルカバー。

モリワキエンジニアリング・フルエキゾーストマフラーZERO TD ANO

特にマフラー交換はルックスだけでなく、ステンレス、チタンといった素材による軽量化や小気味良い排気音になるので個人的にオススメです。

ただし、車両の年式によって装着できるマフラーが違うので、交換を検討の際はよくチェックしておくことが必要です。8

気をつけておくべき点

楽しさ一杯のAPE/XRモタードですが、注意しておくべき点もそれなりにあります。

50cc版の場合、原付1種に該当するので、公道では法定速度が30km/hに制限されてしまうことと、交差点右折時での二段階右折の義務があることです。

交差点によっては二段階右折禁止の場所もあるので非常にややこしく、また標識も見落としやすいので注意が必要です。

100cc版の場合は、二人乗り可能ですが、免許取得から1年経過するまでは二人乗り禁止の初心者運転期間扱いとなります。

あと小柄なバイクですので、二人乗りすると窮屈になりやすく、ライダーが運転しづらくなる可能性が高いので二人乗りでの長距離は控えたほうが良いと個人的に思います。

道路によっては高速道路以外にも原付通行禁止の区間があったりするので、注意しましょう。

あと生産終了から10年近く経っていますが、未だに根強い人気があり、車両盗難やパーツ盗難がかなり多いのも現状です。

頑丈なバイクロックや、車両が何かわからなくするために乗らないときはバイクカバーをかけておくことも重要です。

最後に

色々と良い点や注意すべき点などを書かせていただきましたが、やはりマニュアルのバイクは楽しいですね。

街乗りも楽でツーリングもそこそここなし、維持費も安くて、飽きがきたらすぐイジれる。なかなかそういうバイクは無いと思います。

このページを共有: