カテゴリーアーカイブ スマホアクセサリー

著者:アワビ

BOSE(ボーズ)の「SoundSport Free wireless headphones」完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー

 

はじめましてアワビです。
本日初投稿ですがよろしくお願いします。

さて、今回紹介するBOSEのBluetoothワイヤレスイヤホンは6月29日にamazonにて購入した物なのですが、通勤時に使っておりますのでひと通り使ってみてどんな感じなのかまとめていきます。

感想としてはすごく使い勝手が良いです良いです。
ではどの点がいいのか要点を紹介していきます。

開封時はこんな風に入ってます。

雨や汗に強い

防汗 防滴性能(IPX4)があるので、雨や汗など水に多少濡れても大丈夫です。
最近の季節だと30度を超す気温であったり、雨が降ることが多いので防滴はすごく助かります。

ただ、注意点としては防滴であって防水ではないのでがっつり水に浸かるなどの状態における防水性能は無いようです。

コンパクトさと携帯性

充電ケースは幅100mm×高さ38mm×奥行き48mmといった大きさで、細長の丸い形状となっております。

もちろん携帯性も抜群で、カバンやズボンのポケットなどちょっとした開いたスペースに入れて気軽に持ち運ぶことができ、BOSEのカッコいい光沢のあるロゴと触ってみてサラっとした感覚のケースで高級感があります。

ケースからイヤホン本体を取り出しやすく、かつ磁力でケースとしっかりくっついているので逆さにしても落ちません。

初期設定の手軽さと自動ペアリング

Android iPhone専用アプリ「BOSE Connect」を使う事で手軽にペアリングが出来ます。

Bose Connect

Bose Connect  

Bose Corporation無料posted withアプリーチ

アプリを起動し、[位置情報へのアクセス][位置情報をオンにする][BLUETOOTHオン]の項目をすべてチェックを入れてから表示案内に従いセットアップするだけです。

初期ペアリング後もケースから取り出すだけで勝手にペアリングしてくれるので、後は再生ボタンを押すだけで曲を続きから再生する事が出来ます。

ただ、初期ペアリング後の使い始めはまずファームウェアの自動更新が始まるので完了するまで待ってから使用したほうがいいのかもしれません。

「Find My Buds」機能で無くしたイヤホンを追跡

どこかに落としてしまったりして無くした時には「Find My Buds」機能を使う事で最後に接続した場所を確認することが出来ます。
もし近場で無くしてしまったら音を鳴らすことが出来るので簡単に見つけることが出来ます。

完全分離型のワイヤレスイヤホンは紛失しやすいですが、この機能があれば安心ですね。

音の出かたとしては、音を鳴らす操作をしてから段階的に徐々に音が上がっていく感じです。

操作性

右側のイヤホンには、+(画像下)と-(画像上)の音量調節と中央の再生ボタンがあります。
一番便利な点としては、スマホをポケットやカバンから取り出さずに再生ボタンを押すだけで曲を再生できるほか、2回押すと次の曲へスキップ 3回押すと前の曲へ戻るという具合にプレイリストの操作が可能です。

フィット感

耳の穴に沿った形で作りこまれており、かつStayHear+ Sport tipsというBOSE独自のイヤーピースで抜群のフィット感があります。

イヤーピースのサイズもL M Sと3つのバリエーションで変更できるので耳のサイズが大きい方小さい方にも自然にフィットするような作り込みにっております。

イヤホン本体の重さもペアで18gと比較的軽く、しっかり耳に装着できるので走ってる時など運動する時にも落ちることはありません。

Bluetoothイヤホンとは思えない音質

Bluetoothイヤホンという事ですが、やはり気になるのは音質…
私もBluetoothでは音質が悪いと思っており、実際過去にBluetoothのオーディオレシーバーを使っていましたが歩くたびに途切れたり音質的にはいまいちだったり確かに不満な点が多いです。
ですので今回も博打感覚で買いましたが、普通に一般に販売されているワイヤードイヤホン以上に音質は素晴らしいです。
サウンドに関してはまだまだ素人な感想ですが、非常にクリアに聞こえていて高音低音がしっかり出ており特に低音サウンドに関しては帯域がしっかり出ているように感じました。

音が途切れるという事もあまり無くワイヤレスとは思えない安定さがあります。

Bluetoothイヤホンには欠点ばかりで不評が多く悪い印象しかありませんでしたが、ここまで進化したのかという感じで今までの悪いイメージを壊してくれた商品ですね。

バッテリーの持ち時間が長くパワフル

バッテリーの残量は中央のケースの開閉ボタンを押すことでLEDのゲージが点灯し、確認することが出来ます。

この製品は、バッテリーの持ち時間が結構長くBluetoothイヤホンとしても最高位クラスです。
イヤホンのフル充電では最大5時間 充電ケースをフル充電するとイヤホンを2回分(10時間)充電できます。

スマホの様に帰宅して充電しないと翌日使えないといった心配はなく、土日で一度フル充電しておけば2時間通勤時の使用で1週間は持ってくれます。

ひと通り紹介しましたが気になる点としては…

・ノイズキャンセリングが無い

ノイズキャンセリングが無いので騒音が入ってきます。
電車通勤をしているときはアナウンスで駅名や情報などを聞き逃さないというメリットもありますが、近場の人の話声や電車の音なども聞こえてしまうのでその点は惜しい所です。
スポーツモデルなので、ランニングをする時などを想定して自転車や車の音を聞こえやすいようにとの事で遮音性の低い仕様になっているようです。

音漏れに関してですが、リビングなど静かな場所では音漏れしている様ですが外では音漏れしている感じは無く大きく音量を上げなければ気にするほどでもないかと思います。

・マルチペアリングが出来ない

たとえば、スマートフォンとタブレットを同時にペアリングしたいといった風には出来ません。

しかし、登録のみしておいてどちらかの端末でペアリングする事は可能なので切り替えとして使用方法は可能です。

・少し大きい

おおよそ500円玉ぐらいの大きさです。
私も購入時に少し大きいなと感じましたが装着時には大きさはあまり気になりません。

個人的にはこういった分離型のワイヤレスイヤホンは小さすぎても取りだす時に落としてしまうかもしれないので、そういった点では全然良いと思います。

・ボタン操作が少ししづらい

始めに使ってて操作する時に、ボタン操作で少々力を入れないとボタンが押せなかった点です。

ですが、慣れれば全然操作できます。

最後に

ノイズキャンセリング機能が無いのは非常に惜しい点ではありますが、音質は本当に素晴らしいです。

今後ノイキャン機能の付いた新しいモデルとしての登場に期待したいですね。

また、最近ではiPhone7以降のイヤホンジャック廃止やXperia XZ2の無接点充電Qi(チー)規格採用など、コードレス,ワイヤレス化の波が徐々に来ているのではないかと感じでおります。

Bluetoothイヤホンにしたいけど音質と安定性は重視したい!と思っている方に是非オススメしたいワイヤレスイヤホンです。

amazonリンク

このページを共有:
著者:かべ

Galaxy S8/S8+用のアクセサリー選び ーSpigenの5点入ったお得なスターターパックとクリスタル・ハイブリッドケースをレビュー!

今回はSpigen Japanさんからレビューアーキャンペーンにて、ご提供して頂いた「Galaxy S8/S8+用スターターパック」と、S8+発売日直後に自身で購入していたSpigenの「クリスタル・ハイブリッドケース」を使用感とともにレビューしていきます。

Spigenさんのスマートフォンケースは個人的にも物凄く気に入っていて、2年前のモデルGalaxy S6 edge,昨年購入したHTC 10 HTV32ともにSpigenさんのものを使ってきました。

落下時でも衝撃吸収してくれるので、私の場合安心して使うためのほぼ必須アイテムみたいになっています。

まずスターターパックから見ていきます。

スターターパックの中身

Galaxy S8+の化粧箱(左)とスターターパック(右)

箱はまるでS8+が入っていた化粧箱のようなデザインです。豪華さがあっていいですね。

開封して中身を確認します。

中身

中には全面保護フィルムリキッド・クリスタルケースUSB Type-C 3.1ケーブル、スターターパック限定カラーの スマホ リング、Type-C変換アダプターの計5点が封入されています。

購入したらかならず欲しくなる物・必要なものがこのパックで簡単に揃えられそうです。

特に旧機種を使っていた方は、Galaxy S8の付属品にType-C関連のものがないため、Type-Cの変換アダプターや充電ケーブルを新しく購入しなければなりません。

高品質ケーブルが付属しているのは非常に助かりますね。

では何点かのアイテムをそれぞれ確認していきます。

全面保護フィルム

Galaxy S8/S8+ともに曲面ディスプレイが採用されていますが、曲がったサイド部分まで届くタイプのフィルムです。

実は私自身は保護フィルムなど普段使わない人なのですが、今回は確認のために頑張ってみました。

付属しているスプレーを使ってグチョグチョにして貼り付けるというちょっと特殊な貼り付け方法ですが、裏面にあるQRコードを読み取って動画で手順が確認できます。

しばらくぶりの保護フィルム貼りなのとても不安でしたが、とりあえず動画の通りにベチャベチャにして貼り付けました。

これの良いところは貼ってからもスライドさせてポジションを微調整できるとこですね。むしろ私みたいな下手くそには優しいかも・・・

あとは水切りアイテムを使って中の水と気泡を抜き取ります。サイド部分が浮きやすく大変でしたが、水切りアイテムでゴシゴシしてるうちにくっつきました。

数時間後の写真。気泡も残らずしっかり貼れていますね。フィルムをつけている境目もあまり目立たないですし、画面部分も全部覆われているので違和感がなくてとても良いです。

また、同社のケースをつけていますがフィルムとの干渉はないですね。

「滑りが悪くなった」という方もいるようですが、まあ許容範囲かな~と思います。

フィルムを貼っていない状態よりは確かに滑りが落ちていますが、私の場合画面をコントローラー代わりにするようなゲームでも問題なくプレイできています。

それより気になるのは、爪などでフィルムを引っ掻くと表面に小さな凹凸ができてしまう点でしょうか。フィルムの水切り時もですが、扱いには気をつけたほうが良さそうです。

ケース

つけてみました。透明なケースなのでどのカラーにも合いますね。

ケースをつけてしまうと全体的に少し縁が広く見えてしまいますが、耐衝撃のケースの中ではかなりコンパクトな仕上がりになっていると思います。

ディスプレイより高いところにケースのフレームが位置しています。仮に画面を下にして落としてしまった場合でも、このケースが守ってくれそうです。

グリップ力があり持ちやすい反面、手垢やホコリは少々目立ってしまいます。

裸で使用した場合でも同様に目立ってしまいますが、もっと手垢がつきにくいケースになって貰えると嬉しいですね。

スマホリング

スマホリングはスターターパック限定カラーのオーキッドグレイ。

「S8+にオーキッドグレイないよ!!」

と内心思いつつ取り付けてみましたが、意外と合いますね。

docomoモデルはとても良い位置(意味深)にスマホリングがつきますね。

フラットなケースなので、スマホリングはケース越しでも全然問題なく使えます。

スマホリング用の車載ホルダーも付属していますので、結構便利だと思います。

クリスタル・ハイブリッドケース

スターターパックとは別で購入した商品のレビューになります。

こちらのクリスタル・ハイブリッドケースは様々なニーズに合わせて作られており、カラバリも7色ととても豊富です。

「背面のデザイン見たいけど、しっかり守ってくれるバンパー型がいい!」

「スマホスタンドつけたいけどNFC・おサイフケータイは引き続き使いたい!」

そんなわがままな願いも全て叶えてくれるケースがこのクリスタル・ハイブリッドケースです。

背面はクリアになっているのでケースをつけてもデザインは損なわれません。

また、フレーム部分はバンパー型なので、落とした場合でも本体への衝撃をかなり抑えられます。

裏のキックスタンドを開くと、このように動画鑑賞にも最適な角度になります。

このケース1つあれば、狭縁・大画面のGalaxy S8+で見る動画もより快適になりますね。

最後に

Galaxy S8/S8+を購入したらほぼ必ず必要となるケース・保護フィルム・Type-Cケーブルですが、これらを別々で買ってしまえば4,000円は悠々と超えてしまいます。

しかし今回紹介したスターターパックは、現在であれば3,990円で購入可能です。

更にこれら必需品3点に加え、あると便利なスマホリング・Type-Cアダプターもついてくるわけですから、かなりお買い得ではないでしょうか。

SpigenさんのGalaxy S8/S8+用ケースについても、様々なニーズに合わせたものがカラバリ豊富にラインナップされています。

Galaxy S8/S8+を手に入れたらこれらも一緒に買っておきたいですね。

Amazonリンク


 

このページを共有: