カテゴリーアーカイブ イヤホン

著者:アワビ

BOSE(ボーズ)の「SoundSport Free wireless headphones」完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー

 

はじめましてアワビです。
本日初投稿ですがよろしくお願いします。

さて、今回紹介するBOSEのBluetoothワイヤレスイヤホンは6月29日にamazonにて購入した物なのですが、通勤時に使っておりますのでひと通り使ってみてどんな感じなのかまとめていきます。

感想としてはすごく使い勝手が良いです良いです。
ではどの点がいいのか要点を紹介していきます。

開封時はこんな風に入ってます。

雨や汗に強い

防汗 防滴性能(IPX4)があるので、雨や汗など水に多少濡れても大丈夫です。
最近の季節だと30度を超す気温であったり、雨が降ることが多いので防滴はすごく助かります。

ただ、注意点としては防滴であって防水ではないのでがっつり水に浸かるなどの状態における防水性能は無いようです。

コンパクトさと携帯性

充電ケースは幅100mm×高さ38mm×奥行き48mmといった大きさで、細長の丸い形状となっております。

もちろん携帯性も抜群で、カバンやズボンのポケットなどちょっとした開いたスペースに入れて気軽に持ち運ぶことができ、BOSEのカッコいい光沢のあるロゴと触ってみてサラっとした感覚のケースで高級感があります。

ケースからイヤホン本体を取り出しやすく、かつ磁力でケースとしっかりくっついているので逆さにしても落ちません。

初期設定の手軽さと自動ペアリング

Android iPhone専用アプリ「BOSE Connect」を使う事で手軽にペアリングが出来ます。

Bose Connect

Bose Connect  

Bose Corporation無料posted withアプリーチ

アプリを起動し、[位置情報へのアクセス][位置情報をオンにする][BLUETOOTHオン]の項目をすべてチェックを入れてから表示案内に従いセットアップするだけです。

初期ペアリング後もケースから取り出すだけで勝手にペアリングしてくれるので、後は再生ボタンを押すだけで曲を続きから再生する事が出来ます。

ただ、初期ペアリング後の使い始めはまずファームウェアの自動更新が始まるので完了するまで待ってから使用したほうがいいのかもしれません。

「Find My Buds」機能で無くしたイヤホンを追跡

どこかに落としてしまったりして無くした時には「Find My Buds」機能を使う事で最後に接続した場所を確認することが出来ます。
もし近場で無くしてしまったら音を鳴らすことが出来るので簡単に見つけることが出来ます。

完全分離型のワイヤレスイヤホンは紛失しやすいですが、この機能があれば安心ですね。

音の出かたとしては、音を鳴らす操作をしてから段階的に徐々に音が上がっていく感じです。

操作性

右側のイヤホンには、+(画像下)と-(画像上)の音量調節と中央の再生ボタンがあります。
一番便利な点としては、スマホをポケットやカバンから取り出さずに再生ボタンを押すだけで曲を再生できるほか、2回押すと次の曲へスキップ 3回押すと前の曲へ戻るという具合にプレイリストの操作が可能です。

フィット感

耳の穴に沿った形で作りこまれており、かつStayHear+ Sport tipsというBOSE独自のイヤーピースで抜群のフィット感があります。

イヤーピースのサイズもL M Sと3つのバリエーションで変更できるので耳のサイズが大きい方小さい方にも自然にフィットするような作り込みにっております。

イヤホン本体の重さもペアで18gと比較的軽く、しっかり耳に装着できるので走ってる時など運動する時にも落ちることはありません。

Bluetoothイヤホンとは思えない音質

Bluetoothイヤホンという事ですが、やはり気になるのは音質…
私もBluetoothでは音質が悪いと思っており、実際過去にBluetoothのオーディオレシーバーを使っていましたが歩くたびに途切れたり音質的にはいまいちだったり確かに不満な点が多いです。
ですので今回も博打感覚で買いましたが、普通に一般に販売されているワイヤードイヤホン以上に音質は素晴らしいです。
サウンドに関してはまだまだ素人な感想ですが、非常にクリアに聞こえていて高音低音がしっかり出ており特に低音サウンドに関しては帯域がしっかり出ているように感じました。

音が途切れるという事もあまり無くワイヤレスとは思えない安定さがあります。

Bluetoothイヤホンには欠点ばかりで不評が多く悪い印象しかありませんでしたが、ここまで進化したのかという感じで今までの悪いイメージを壊してくれた商品ですね。

バッテリーの持ち時間が長くパワフル

バッテリーの残量は中央のケースの開閉ボタンを押すことでLEDのゲージが点灯し、確認することが出来ます。

この製品は、バッテリーの持ち時間が結構長くBluetoothイヤホンとしても最高位クラスです。
イヤホンのフル充電では最大5時間 充電ケースをフル充電するとイヤホンを2回分(10時間)充電できます。

スマホの様に帰宅して充電しないと翌日使えないといった心配はなく、土日で一度フル充電しておけば2時間通勤時の使用で1週間は持ってくれます。

ひと通り紹介しましたが気になる点としては…

・ノイズキャンセリングが無い

ノイズキャンセリングが無いので騒音が入ってきます。
電車通勤をしているときはアナウンスで駅名や情報などを聞き逃さないというメリットもありますが、近場の人の話声や電車の音なども聞こえてしまうのでその点は惜しい所です。
スポーツモデルなので、ランニングをする時などを想定して自転車や車の音を聞こえやすいようにとの事で遮音性の低い仕様になっているようです。

音漏れに関してですが、リビングなど静かな場所では音漏れしている様ですが外では音漏れしている感じは無く大きく音量を上げなければ気にするほどでもないかと思います。

・マルチペアリングが出来ない

たとえば、スマートフォンとタブレットを同時にペアリングしたいといった風には出来ません。

しかし、登録のみしておいてどちらかの端末でペアリングする事は可能なので切り替えとして使用方法は可能です。

・少し大きい

おおよそ500円玉ぐらいの大きさです。
私も購入時に少し大きいなと感じましたが装着時には大きさはあまり気になりません。

個人的にはこういった分離型のワイヤレスイヤホンは小さすぎても取りだす時に落としてしまうかもしれないので、そういった点では全然良いと思います。

・ボタン操作が少ししづらい

始めに使ってて操作する時に、ボタン操作で少々力を入れないとボタンが押せなかった点です。

ですが、慣れれば全然操作できます。

最後に

ノイズキャンセリング機能が無いのは非常に惜しい点ではありますが、音質は本当に素晴らしいです。

今後ノイキャン機能の付いた新しいモデルとしての登場に期待したいですね。

また、最近ではiPhone7以降のイヤホンジャック廃止やXperia XZ2の無接点充電Qi(チー)規格採用など、コードレス,ワイヤレス化の波が徐々に来ているのではないかと感じでおります。

Bluetoothイヤホンにしたいけど音質と安定性は重視したい!と思っている方に是非オススメしたいワイヤレスイヤホンです。

amazonリンク

このページを共有:
著者:かべ

手頃な価格の超極細好音質イヤホン「ZERO AUDIO CARBOi ZH-DX240-CI」レビュー!

今回は発売前から気になっていた機種の「ZERO AUDIO CARBOi」を紹介します。

再生周波数帯域が8~70000Hzと非常に広く、ER-4Sに似た極細ハウジングが特徴的なイヤホン。

しかし料金は6,000円未満というお手頃さから、ずっと気になっていた機種です。

9月1日に発売されたばかりですが、試聴したところかなり好みでしたので今回購入に至りました。

それではレビューしていきます。

外観

まずはパッケージから。安価な機種ですので、全体的にコンパクトです。いつものZERO AUDIOという感じがします。

中身は本体と専用のポーチが付属しています。専用ポーチが付属している点はとても良いですが、相変わらずホコリが付着しやすいのが少し気になりますね。

では本体を確認していきます。

新開発の超小型ダイナミックドライバーが採用されることにより、とても細長いハウジングが実現しています。

また右耳が赤ライン、左耳がシルバーラインと色分けがされており区別がしやすいデザインです。

ケーブルはきしめん状なので絡みにくそうですね。端子部分はL字型で、特別強く作られているようには見えません。

イヤーチップを外してみました。細長いハウジングではありますが、音導管はギリギリまで広く作られていることが確認できます。

インプレッション

では実際に装着・試聴して感じたことをまとめていきます。

様々な音楽が入っているので音楽ジャンル別にも確認していきました。

 分野別の評価

・遮音性 ★★★★★

・装着感 ★★★★☆

・音漏れ防止 ★★★★★

・音質 ★★★☆☆

・高域 ★★★★★

・中域 ★★★☆☆

・低域 ★★★★☆

まるで耳栓のように深く入るので外の音はほとんど聞こえません。装着感も思っていたよりも安定していて良好です。

ER-4Sのように耳のかなり奥まで入るのを想定していましたが、音導管が太いためかある程度の位置で安定します。

次に音について。高音域のキラキラ響く感じがとにかくクセになります。スネアドラム・シンバル・電子音の響きがとにかく綺麗。

高域に特化しているものだと他の音域の聞こえが悪いということもよくありますが、CARBOiはどの音域もよく聞こえますね。

ボーカルの遠さから若干低価格帯のダイナミックトライバーらしさを感じてしまいますが、全体的な完成度はかなり高く思えます。

音の解像度はそこそこといった感じですが、この価格帯で大きな特徴・長所を持てる機種はなかなか見られません。

そういう意味では高級イヤホンユーザーでも需要はかなりありそう。

とにかく高域をよく聞きたい時にCARBOiは有効ですね。刺さるような高域ではないので滅茶苦茶聞きやすいです。

音楽ジャンルとの相性

・EDM○

・ロック◎

・アニソン◎

・J-POP◎

・洋楽△

ギターの目立つロック系や電子音の多いJ-POPはかなり相性がいいと感じました。基本的に高域の多い曲が向いているようです。

洋楽はジャンルに左右されますね。ボーカルが中心になるような曲はあまりCARBOiの長所を生かせない気がします。

まとめ

ZERO AUDIOの新作イヤホンとして登場した「CARBOi」ですが、今までのデザインとは一風変わったスタイルなものの、高域のきらびやかさ・全音域の程よい解像度の高さは引き継がれているようです。

高価格化するメーカーが多い中、ZERO AUDIOは新製品も価格据え置きで勝負している所が個人的には好印象です。

安く価格帯の中でもちゃんといい音のクオリティが追い求められていると思います。

そんなZERO AUDIOさんが大好きですが、個人的にはリケーブル対応や強度のあるパーツを用いたハイエンドクラスのイヤホンを是非作って欲しいですね。(前使っていたDUOZAが断線して悲しい気持ちになったのも理由の1つ・・・)

CARBOi、暫く装着しているとちょっと耳の負担が大きいのがマイナス点ですが、それ以外は兼ね満足しています。

Amazonリンク

このページを共有: