著者アーカイブ もんた

著者:もんた

1円スマホを買ってみた【Galaxy A20 機能面・スペックレビュー】

docomo・au・UQ mobileから2019年冬モデルとして発売中の「Galaxy A20

某量販店で機種変更でも1円ということで、機種変更手続きを行い購入しました。
はじめてスマートフォンを使う方におすすめという、キャッチコピーで発売中の本機でありますが、スマホを使い慣れてる方のサブ端末としても価格的にもおすすめだと私は感じました。実際に私がサブ端末として一ヶ月程使用させていただきましたので、この端末の「いい点」と「悪い点」を書き出していきたいと思います。

「Galaxy A20」の「ココがおすすめと」「ココがいまいち」

・ココがおすすめ
・本体価格がすごい安い
・防水・防塵、おさいふケータイ対応 (FeliCa)
・バッテリー持ちが良い
・値段の割にいい性能と綺麗で大きなディスプレイ

・ココがいまいち
・安っぽいデザイン
・いまいちなカメラ性能(in:8MP out:5MP 手ブレ補正なし)

・スペック概要

SocExynos 7884B
1.6GHz+1.3GHz
(オクタコア)
高さ×幅×厚さ約150×71×8.1(mm)
重さ約151g
ディスプレイ約5.8インチ(1560×720)
HD+ TFT液晶
RAM3GB
ROM32GB
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3000mAh
防水・防塵IP5/IPX8・IP6X
充電端子USB type-C
オーディオイヤホンジャック有り
ハイレゾ再生非対応
その他おさいふケータイ対応(FeliCa)

スペック自体はかなり抑えられた構成になっております。
ただ、液晶の解像度がフルHDではなく、HD+からなのかそこまでストレスを感じる事もなくネットブラウジングなどを快適に行う事ができます。
ただ、3Dゲームなどは厳しいと思います。

液晶の解像度はHD+ですが、ぶっちゃけフルHDとあんま変わらないです。僕はあんまり気になりません。思ってたより綺麗です。

・Galaxy A20の特徴

その1
フロント顔認証

Galaxy A20は生体認証として顔認証を採用しています。
指紋認証は採用しておりません。
iPhoneのように、いっぱいセンサーを追加していたりGalaxy S9に採用されているインテリジェントスキャンなどは採用しておりません。赤外線センサーもないので暗所では認証できません。この値段を考えると精度はいいかなぁ…程度です。おまけぐらいで考えた方がいいかもしれないです。
指紋認証でよかった…

その2
独自socとその性能

Galaxy A20はSamsungの独自soc”Exynos “を採用しております。
同価格帯のスマホには、Snapdragon 450が採用されている事がほとんどですが実際どうなのでしょうか…?

有名なベンチマークアプリ”AnTuTu”を行ってみました。

以外とスコアが高いです。近いスコアを出すsocだとSnapdragon650になります。最近人気のAQUAS sense3とほとんど同じベンチマークスコアになります。新品価格2万円台のスマホでこれぐらいのスコアはかなり十分な性能であると言えます。

その3
バッテリー持ちが良い

バッテリー容量は3000mAhと少なく感じてしまうかもしれませんが、この構成を考えると多い方だと思います。
実際にバッテリー持ちが良く、外に持ち出して使っていましたがPixel 3aよりバッテリー消費が少なかったです。

その4
おさいふケータイ

海外の安価なスマホにはない機能です。
日本に住んでいるのであれば、使う場面の多い機能です。この価格でFeliCa対応機種は珍しいです。FeliCa目当てで購入するのもいいと思います。

その5
かんたんモード

auで発売中のGalaxy A30と同じく、この機種にも”かんたんモード”というものが採用されています。
価格の安さから気軽に購入を検討できる本機ということもあり、「入門用スマホ」として売り出しています。
スマホに不慣れな、高齢の方でもわかりやすいように操作が可能な「かんたんモード」というものが用意されています。
ホーム画面をシンプルなレイアウトにし、意図しない操作を阻止するために長押しでの認識時間を長くするなど文字を大きく表示したりなど、ドコモの”らくらくスマートフォン”に近い操作感にすることが可能です。

・Galaxy A20のダメな点

その1
カメラ性能が微妙

このご時世に8MPカメラです。
あと手ブレ補正がないです。ヤバい
通常の写真撮影であれば、問題ないのですが…
夜間の写真撮影では、ノイズだらけです。
最近は安くてもカメラに力を入れている機種が多いので、写真撮影が好きな方は3万円程でかなり構成なカメラを採用したスマホが多数あるため、そちらを購入した方がいいかもしれません。
カメラはおまけレベルです。

その2
RAM(メモリ)が3GBしかない事

システムの動作で既に1.8GBが使用されており、空き容量が1.1GB程しかありません。それが原因なのか動作がモッサリしています。長時間使用するにはちょっと心配です…

その3
安っぽいデザイン

スマホ本体の質感はプラスチックで安っぽいです。
一昔前のスマホのようにも感じます。
液晶のカメラは水玉ノッチで今風デザインです。

・最後に

2万円という非常に安い値段でありながら、キャリアで販売されているということもあり身近な所で入手可能な機種です。
FeliCaや防水・防塵などといった日本仕様のスマホでなければ採用されることがめずらしい機能も採用されています。
ただし、スペックについては価格相応です。「スマホですることはメールと電話とラインぐらい…」という方にはおすすめだと思います。
他にも「FeliCa対応機種を安価にほしい…」「安いお風呂スマホがほしい…」という方にもおすすめだと感じました。
結構、キャリアでは値引きされていることが多いので気になっている方は家電量販店で聞いてみるのをおすすめします。
余談にはなりますが、au版とUQmobile版には透明のケースが付属されておりますが、ドコモ版には付属されておりません。

このページを共有:
著者:もんた

Pioneer XDP-300R 機能面レビュー

パイオニアブランドで販売されている「XDP-300R」というデジタルオーディオプレイヤー(DAP)です。

何度か試聴させていただいたうえでの購入でした。他のDAPでは味わうことができないスッキリとした音です…

今回は機能面でのレビューを行っていきたいと思います。

 

XDP-300Rの特徴

・Android搭載(バージョン5.1.1)

・Bluetooth(aptX対応)

・高精度イコライザー/ロックレンジアジャスト/デジタルフィルター/クラブサウンドブースト

・アップサンプリング/DSP機能

・フルバランス再生/ACG駆動/BTL駆動

 

Bluetooth機能について

※aptXとはBluetoothで音声を伝送する際、他伝送方法より圧縮率が格段少ないため高品質な音を楽しむ事ができます。また、タイムラグが他の伝送方法より少ないみたいです。また最大48kHz/24bitに対応しています。

実際に使ってみた!

今回は同じくaptX対応のAI301-DAに接続します。

音切れなどもなく、快適に再生が可能です!

音もよく手軽に再生ができます。音量調整は親機、子機でもどちらでも可能でした。

汚部屋なのがバレてしまいますね…

遅延が少ないらしいから、デレステしてみた!

ダメです。遅延が気になります。音ゲーは実用的ではないと思います。

MVでは遅延はほとんど気になりません。YouTube等の再生も遅延は気になりませんでした。

高精度イコライザー/ロックレンジアジャスト/デジタルフィルター/クラブサウンドブーストについて

1.イコライザー機能

他DAPと比べると、かなり優秀で使い勝手がいいと思いました。

32hz~32kHz、-12dB~+12dBまでの間を調整可能です。

また、イコライザ画面が赤く点滅する機能は増幅のしすぎで出力オーバー(音割れ)してますという警告表示です。(オフの状態でも機能します)

2.ロックレンジアジャスト

音声入力信号のジッター(変動)のロック幅を調整することによって、音質を向上させることができます。ロック幅はより精度の高いNarrowからwideまで、7段階から選べます。

※XDP-300Rの取扱説明書からの引用

と書いていますが…何を言ってるのかわからない方がほとんどだと思います。

簡単に説明すると、ここの機能をうまく弄るとS/N比が向上しますよ!!!ってことです

もともとの設定(normalの状態)からさらにノイズを減らしたい!!というユーザーのための機能です。

ロックレンジを狭める(Narrow寄りにすれば)、S/N比が向上しますが高ビットレート音源だとレベルを超えてしまい、音切れが発生してしまいます。

そのため、曲ごとに弄らないとダメなのです…面倒ですね…僕はNarmalのままです。この機能とてもすごい機能なんですけどね…

3.デジタルフィルタ

SHARP:一般的なフィルター機能で、カチッとした骨格感が出る印象の音に。

SLOW:応答性に優れ、弦楽器などの音色や響きが柔らかく、自然な雰囲気の音に。

SHORT:音の立ち上がりのリニアリティが良く、前に出てくるような印象の音に

※ONKYO(DP-X1)のホームページからの引用

自分はSLOWが一番好きでした。

4.クラブサウンドブースト

低音強調機能です。3段階になっています。Ecomodeという低音強調機能を省電力で動作させる機能もあります。

使ってみての感想ですが、Boost1程度でもかなり多めの低音になります。曲によってはちょうどいいと感じました。

Boost2からはイヤホンによってはかなつぼわついた低音になりました。BA型のイヤホンはBA独特の低音のボワつきが強調されてしまいします。

Boost3はかなり強めです…本当に強いです…イコライザ画面が曲によっては割れます…サグいヒップホップなら雰囲気出てて合うかもしれません…

アップサンプリング/DSP機能について

1.アップサンプリング機能

96kHz、192kHz、382kHz(USBオーディオのみ)

の3パターンです。僕は192kHZにしています。低ビットレート曲だと音の違いがわかりやすいと思いました。空間表現が向上するように感じました。

2.DSP機能

オフにするとアップサンプリング、クラブサウンドブースト、リアルタイムDSD変換を一括でオフにすることができます。

フルバランス再生/ACG駆動/BTL駆動について

XDP-300rはESS社のES9018K2MというDACを2つ使用しています。またアンプ部にESS社のSABRE9601Kを2つ使用しており、左右独立のフルバランス再生が可能です。

XDP-300rのバランス接続はとても音が良いです。空間表現にかなり優れているように感じます。全体的にフラットな特性だと思います。スッキリしていて、聞いていて疲れませんし飽きません。

また、ACG駆動とBTL駆動と2つの駆動方式を選択することができます。

BTL駆動は一般的なバランス接続なのですが、ACG(アクティブコントロールGND)はBTL駆動よりGND(信号の-極)を理想的な量に変更した駆動方式です。

・聴覚S/N比が向上しクリアな空間表現

・ハイレゾ音源の強みである低音の輪郭がより明瞭になり、グッと沈み込む低音に。

・全体的にキレのある音離れのよいサウンドに。

※公式ホームページからの引用

と、公式ホームページには書いていますが、私はBTL駆動より中域、高域の量がやや多くなったように感じました。また、ダイナミックイヤホンでは空間表現がBTL駆動より向上しているように感じました。しかし、BTL駆動よりやや低域の量、音の太さが少なくなるように感じました。

XDP-300Rでバランス接続を使わないのは勿体無いと思います。

Android端末としての性能

XDP-300RにはAndroid5.1.1(Lollipop)が搭載されています。

GooglePlayにも対応していて、自由にアプリをいれる事ができます。普段SoundCloudやSpotify等で音楽の聞く事もある私にはAndroid搭載でGooglePlay対応は購入するうえで絶対条件でした。

またCPUにはQualcommのSnapdragon801を搭載しています。

Snapdragon801は3年ほど前のハイエンドAndroidスマートフォンの大半に搭載されていた、プロセッサです。

ということはゲームはできるのか!

重いゲームということでデレステを選びました。

ただたんに私が好きなスマホゲームということもあるんですが…

今回2回目の登場

タイミング調整、これは快適な予感….!!!

プレイ環境

・2D軽量

・タップ音あり

全然問題なくプレイが可能でした。快適です!!!

フルコンボできました。

3D標準で高難度曲をプレイしてみましたが、問題なくプレイが可能です。

MVの再生もカクつきがありませんでした。

正直驚きました…

高音質デレステ機として…運用が可能みたいです(?)

※長時間のプレイでカクつきが少々ありました。

最後にケースについて

XDP-300R購入時に気になったのですが、ケースの種類があまりにも少ないです…

Twitterで教えてもらったのですが、DP-X1のケースを使用することが可能らしいです!ただし、XDP-300Rの背面の斜めの所?が空きスペースになってしまうらしいですが…結構DP-X1のケースを使用している方が多かったです….

ちなみに僕はXDP-300Rの専用ケースを使用しています。

 

・もんたの近況

最近IE800が死にました。

死んだIE800

3年程前に購入したイヤホンで、2年前にmmcx化改造を施し使用していました…とてもショックです…ちなみに最後に聞いた曲は内田真礼さんのモラトリアムダンスフロアでした。

あと、仕事が辛いです。

 

Amazonリンク

Sauce:

http://pioneer-headphones.com/japanese/dap/xdp-300r/

http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/headphone/dpx1/control.htm

このページを共有: